Join Now and Save( サインアップ )
Login to Shop Login to Office
Menu
Menu
Menu

液状ゼオライトが優秀と言われる5つの理由

深呼吸をしたり、冷たい飲み物で喉の渇きを和らげたり、食べ物を口にしたり…この全てに、有毒物質摂取の可能性が介在します。どんなに“クリーン”な食べ物を選ぼうとも、毒素は環境のあらゆる場所に広がっています。つまり、それは、もう、あなたの体の中に侵入しているということです。

そして、そのような毒素は、(医療関係者が重金属や毒素を除去するためにデトックスを推奨する原因となるほどに)様々な健康への悪影響に直結しているのです。

体のデトックスを進める救世主は、 ゼオライトと呼ばれる天然の鉱物です。ゼオライトは、負に荷電した構造の中に正に帯電した毒素を引き付け吸着します。そして、吸いつけられた毒素(鉛、水銀、ヒ素など)は、ゼオライトと一緒に体の中を進み、体外へと放出されます(1))。

ゼオライトには、液体、粉末、両方の形態がありますが、この2つには大きな違いがあります。それでは、粉末状ゼオライトよりも液状ゼオライトを選択すべき最大の理由を5つご紹介しましょう。

1. 未精製の粉末状ゼオライトにはたくさんの毒素が

解毒に使用されるゼオライトは、地面から採掘される天然の火山灰であるクリノプチロライトです(2)。

このゼオライトは、あまりにも毒素の引き寄せ効果が高く、採掘されたときには既に、周囲の毒素を大量に吸着しています。そのため、この既存の毒素を除去するために、液体精製プロセスでの浄化が欠かせません。これを行わないと、デトックス効果が得られないのです。

これは、ゼオライトの成分を分解する試験により測定することができます。ゼオライトは水和珪酸アルミニウム[化学式:(Na3K3)(Al6Si40)O96 • 24H2O]なので、微量のまたは検知されない金属を除き、構成要素(ケイ素およびアルミニウム)は明らかになります。

つまり、このようにお考えください。粉末状で販売されているゼオライトは、液体精製プロセスを経た可能性はほぼゼロで、そうである場合、これにデトックス効果はありません。

2. ゼオライトの粉末は粒子が巨大すぎる

クリノプチロライトについて言えば、サイズが極めて重要です。ゼオライトは水または脂肪に溶解しないので、ナノメートルという小さなサイズでのみ、吸収することができます。

しかし、未精製の粉末中に見出される粒子は、これをはるかに上回り、典型的には1〜40ミクロン程度です。大きな粒子は、腸は解毒するものの、毒素が貯蔵されている身体の他の部分のデトックスは行えません。

体全体の毒素に到達するには、ゼオライトを微粉化するか、1ミクロン(100万分の1メートル)よりも小さくなるようにサイズの調整をする必要があります。このようなナノメートルレベルの粒子は、液体として、身体の隅々まで行き渡ることができます。

3. 粉末状ゼオライトの表面積は小さすぎる

粉末状ゼオライトの粒子サイズは大きいものの、表面積は実際には非常に小さいのです。多くの小さな粒子が、一定の空間を埋めると、それは集合的に見たときに、大きな粒子の場合よりもはるかに大きな表面積を生み出すことになります(3)。

ゼオライトの内部に毒素を閉じ込めることに加えて、毒素はまたゼオライトの表面にも張り付くため、表面積は非常に重要です(4)。

したがって、ナノメートルレベルの粒子で構成される液体ゼオライトは、体内に効率的に浸透すること、そして、体内を通過するときに、毒素をより大きな面積で吸着することを意味します。

4. 粉末状ゼオライトはザラザラ

大部分の粉末状ゼオライトは、機械設備を用いて粉砕されることで、粗いサイズとして生成されます。粉末の場合、それを水に加えて、かき混ぜることでよく攪拌するように説明がなされます。

ただし、そこで問題が。ゼオライトは水に溶けません。なので、分離する前に、砂のようなザラザラ感のあるものを素早く飲み干す必要があります。

一方でナノメートルサイズの粒子を特徴とする液状ゼオライトを使用すると、スプレーノズルから、ゼオライトを直接口の中に噴射し、スムーズで効果的な全身デトックス効果が得られます。

5. 粉末状ゼオライトでは研究機関での効果はゼロ

大部分の粉末状ゼオライトは、そのゼオライトがどのくらい清浄されているのかを示す、実験結果を何も公表していません。実際にそのようなデータは、商品が意図した通りに機能するかどうかを知るための、最も確実な方法です。

ゼオライトの基準となる金属試験無くして、製品を摂取した人における結果を適切に測定する方法はありません。というのも、尿の分析では、どのくらいの量の金属が解毒から来ているのか、または最初から「汚れた」ゼオライトに由来するものなのかを区別できないからです。

そして、ゼオライトを浄化するための唯一の方法は、(ほとんどの粉末に実施されていない)最先端の液体浄化プロセスです。

結論

未精製ゼオライト粉末の価値が低い理由はたくさんあります。粉末は、典型的には、自然本来の汚染物質を持ったままであり、さらにサイズも大きいことから、体には、液状のように浸透することができません。粉末状ゼオライトはまた、結果的に表面積が小さく、多くの毒素を拾い上げることなく、ざらざらした飲料となるだけなのです。

だからこそ、迅速かつ効果的なデトックスのためには、適切な浄化と、サイズ調整の行われた 液状ゼオライトを選ぶようにしてください。毒素による体の負荷を減らすと、より多くのエネルギーの確保、よりよい睡眠、より活気のある日々の到来が期待できます。
PDFはこちら

Image