Join Now and Save( サインアップ )
Login to Shop Login to Office
Menu
Menu
Menu

飲食物に含まれる毒素を避ける11の方法

日々を便利に変える化学物質は…同時にかつてない量の毒素を私たちの生活にもたらしています。飲食物は、毒素が体内に侵入する主要な経路ですが…ここで朗報です。小さな変化を起こすだけで、毎日の毒素との接触を大きく抑えることができます。

毎日の飲食を通じた毒素との接触を抑える11の方法をご紹介します。

1. オーガニックの食事を摂る

ある調査では、一般的なイチゴ1つのサンプルから13種類の残留農薬が発見されています。

このような残留物は洗浄を経ても洗い流されず…新生児の体重低下、自閉症発症確率の増加に寄与し、さらに神経系にまで影響を与えます。散布を過度に受ける食品には、リンゴ、ナシ、モモ、ブドウ、トマトなどがあります。可能であれば、これらの食品については オーガニックを購入するようにしてください。

すべてのオーガニックではない果物や野菜に農薬が残っている訳ではありません。 別の検査によると、パイナップル、タマネギ、キャベツ、ブロッコリー、キウイなどの農薬レベルが低い(またはゼロの)食品もあることが明らかになっています。したがって、これらの食品はオーガニックではないものを購入すれば、毒素のリスクを増加させることなく食費を節約することができます。

2. 原材料に注意する

確かに、栄養成分表は素晴らしい情報源ですが、多くの一般的なパッケージ包装された食品は、有害な人工着色料、香料、防腐剤といった、“成分の欠陥”をひた隠しにしています。

人工着色料(イエロー6、レッド40、ブルー1)は、ポテトチップス、ピクルス、ピザなど驚くほど多くの食品に紛れ込んでいます。クリーンな原材料の自然食品を選択し、これらの毒素を避けるのが肝要です。

3. 缶詰食品を避ける

ほとんどの缶詰食品には、ホルモンを破壊するBPAを含むコーティング剤(これが食品に移る可能性がある)がいまだに使用されています。BPSを含む他のものは、エストロゲンに作用することがあります。

これの代わりとしては、ガラス製の容器、冷凍の果物や野菜テトラパックのスープなど、より良い選択肢があります。

4. プラスチックの包装を避ける

食品の包装の多くには、プラスチックを柔軟にするための化学物質であるフタル酸エステルが含まれています。恐ろしいことに、包装中のフタル酸エステルは食品に移ってしまう可能性があります。

この毒性化学物質は血圧を上昇させたり、動脈壁を傷つける(心臓の障害につながることも)可能性があります(1)。健康を守るためには、食品をプラスチック製の包装のまま電子レンジに入れず、常にガラス瓶やセラミック製の容器で食品を保管してください。

5. クリーンな調理器具を使用する

「テフロン・インフルエンザ」という言葉を聞いたことはありますか?これは、非粘着性の調理器具が高温で有毒な煙を放出したときに起こりうる、体全体の疲労感とだるさです(2)。確かな安全を確保するには、オーブンでの調理にはガラス容器を使用し、そのほかにも、ステンレス、鋳鉄、セラミックを調理器具に採用するようにしてください。

6. ヒ素の少ない穀類を選ぶ

何年もの農薬の使用と、成長過程でヒ素を吸収する米の性質が原因で、 米の品種の中には、この有毒な重金属を多く含有する可能性があるものも。 米の銘柄についてヒ素の含有量を確認するか、キノア、そば、キビ、大麦などのヒ素が少ない栄養価の高い他の穀物を試すことをおすすめします。

7. オーガニック、圧搾オイルを選ぶ

まだ…キャノーラ油を使っていますか?そろそろ卒業しましょう。遺伝子組換え作物に農薬を散布し、さらに、(油中に残渣を残す有毒な溶媒) ヘキサンを使用して抽出が行われています。

オーガニック(溶剤を使用していない)、圧搾オイルを選択するのが得策です。これらのオイルは、植物の栄養価をはるかに多く保持し、さらに無毒です。

8. 甘味料にはステビアを選ぶ

アスパルテームのような人工甘味料は正当な理由のもと評判を下げていますが、ほかにも多くの天然甘味料が問題を抱えています。

高フルクトースコーンシロップ(果糖ぶどう糖液糖)は、高レベルの(有害な除草剤の主成分として知られる)グリホサートに耐えるように遺伝子操作されているので、特に注意すべきです。

ステビアは、天然の、カロリーのない甘味料です。毒性のなさも確保するために、水での抽出法で処理されているものを選ぶようにしてください。

9. 濾過した水を飲む

ヒ素、フッ化物、医薬品など、多くの毒素が水道水に含まれています。純粋な濾過水を飲むのが得策です。

合成カフェイン、化学薬品、砂糖でいっぱいの炭酸飲料は避けましょう。これは、体に必要なミネラルの減少を引き起こすこともあります。

10. グラスで“乾杯”

毒素への接触を減らすべく、最も安全な選択肢として、飲み物はガラスのコップに注ぐようにしてください。ボトルを使用する場合には、ステンレス製の水筒をお勧めします。(ほとんどすべてのタイプが化学物質を放出する可能性があるので)プラスチックのボトルは避けてください。

11. ジュースは“グリーン”なものを

ほとんどの「フルーツジュース」は、合成ビタミンでいっぱいの“アップグレード型の砂糖水”に他なりません。 米農務省による検査では、多くのリンゴとブドウジュースから、最大6種の農薬残留物が検出されました。

最高のジュースとは、フルーツや野菜、とりわけ、体内のデトックスをサポートする緑黄色野菜 から得られるものです。

ただ、ここまでの情報に悲観する必要はありません。飲食物に伴う毒素との接触は、心がけ次第で減らすことができます。体から重金属やその他の毒素を取り除くには、天然の鉱物であるゼオライトが便利です。エネルギーの充満、快適な睡眠、快活な日々をご体感ください。

 

Image