Join Now and Save( サインアップ )
Login to Shop Login to Office
Menu
Menu
Menu

CBDオイル − 炎症に対して自然が出した答え

A bottle of hemp oil for inflammation

最高の気分で健康的な生活を送るためには、炎症の管理が不可欠です。かの有名なハーバード大学医学大学院によれば、炎症はほとんどすべての疾患において大きな役割を果たしています(1)。炎症はまた、頻繁に頭痛、疲労、腸の問題などを引き起こすこともあります。

ここで朗報です。正しい手順を踏みさえすれば、炎症の影響を自ら管理することができます。

最近まで、これらが炎症を抑制する最も一般的な、自然由来の方法として知られてきました。しかし、最新の研究からは、これとは別の、炎症を緩和するのに非常に有効な選択肢が明らかになっています。そう、その正体こそがCBDオイルです。

CBDオイルに含まれるのは強力なカンナビノイド

CBDオイルは強力な化合物を含みます。つまり、カンナビジオール(CBD)をはじめとするファイトケミカルです。

これらのすべてが、エンドカンナビノイドシステム(ECS)と相乗的に働き、人間体内の自然治癒とバランス調整の機能をサポートします。

バランスが崩れると、CBDオイルが身体の正常な機能を促します。現に、CBDによる不眠症を緩和し、肌の乾燥を防ぎ、ストレスを和らげる効能を示唆する証拠が存在します。

炎症が制御不能になると、CBDオイルは体内にある多種多様な複雑を極める生理反応に働きかけることで一時的に炎症を和らげます。

CBDが炎症に働きかける仕組み

炎症とは本質的に、私たちの体の免疫システムが、求められない反応を起している状態を指します。

カンナビノイドCBDは、そんな時に免疫システムをサポートするのに役立ちます。例えば動物に関する研究からは、CBDがアデノシン受容体A2Aの信号の伝達を促進することが明らかになりました。この受容体は、結果的に、抗炎症効果をもたらします(2)。

カンナビノイドは他の方法でも免疫系を調節します。科学者は、 CBDが活性化した免疫細胞のアポトーシスを誘発することによって、体の炎症応答を調節することができることを発見しました(3)。 結果として、これが体全体の炎症部位でサイトカインやケモカインを効果的に抑制します。

結局のところ、このような科学的説明が意味するのは、CBDが炎症を引き起こす免疫細胞を不活性化することによって身体の免疫機能による反応の調整をサポートできるということです。

よって、もし、あなたが関節痛にお悩みであれば、CBDが、関節の不快感または硬化を引き起こす炎症を軽減することにより、それを軽減できる可能性があります。

CBDの範疇を越えた抗炎症作用

CBDはこれまでに最も研究の行われてきたカンナビノイドです。しかし、これが抗炎症効果をもたらす唯一の化合物であるという訳ではありません。体の炎症の抑制を助けるカンナビノイドとテルペンは他にも存在します。

例えばカンナビクロメンと呼ばれるカンナビノイドは、ラットの研究では、フェニルブタゾン(4)という抗炎症薬ほどに有効であることが判明しました。科学者たちは、それが抗炎症薬よりも優れた選択肢である可能性すら示唆しています。

マウスについての別の研究では、カンナビゲロールという名前の別のカンナビノイドは、科学者が炎症性および自己免疫疾患の治療への活用を考えるほど強力な抗炎症化合物であることが判明しました(5)。

CBDの抽出元である植物には、様々なテルペン(植物中に天然に見出される芳香油)も含まれています。カンナビノイドと同様に、これらのテルペンは炎症と戦うことができます。大麻抽出物中のこれらのテルペンの1つはα-ピネンです。

マウスの研究は、テルペンα-ピネンが抗炎症効果を持つことを示唆しています(6)。実際、科学者が炎症性疾患治療の選択肢として考えるほど、これの効果は圧倒的です。

大麻抽出物中には、他にも、ミルセンのような抗炎症性という意味で有望なテルペンはいくつか存在します(7)。

結論

炎症は、ほぼすべての健康合併症に関与しています。筋肉の緊張や頭痛のような問題から、心臓病や関節炎などの重篤なものにまで及びます。

これこそが炎症を防ぐことがあなたの最優先事項の1つであるべき理由です。オーガニックの果物や野菜をたくさん食べたり、加工食品を避けたり、定期的に運動してデトックスしたりして、炎症と戦うための措置を講じることができます。

高品質のCBDオイルを日常生活に含めるのが、実践できる簡単なステップの1つです。CBDオイルには豊富にカンナビノイドが含まれており、これが体内の一時的な炎症の緩和に効果を発揮します。まさに、腰、肩、膝の不快感に対する新たな救済策だと言えるでしょう。さらに、他の部位での炎症にも働きかける可能性すらあります。
PDFはこちら

Image